行ってみて楽しかった場所を紹介します

自分で行った注目のお店を紹介していくサイトです。
尚、これから行ってみたいお店やブログなども合わせて紹介していきます。
ちなみに、こんなあほな場所に行くのは、よほどのオタクさんでは?と思うような方もいるかも知れませんが、実際に行ってみました。
しかし、行ってみると、そういう場所にはそういう場所の楽しさがある事が分かったのです。
アホな事をすることの楽しさが見えてきたと言う事です。
文字ばかりで楽しみが伝わりにくく感じるかも知れませんが、自分が思った事を率直に書いていけたらなと思いました。尚、秋葉原は皆が思っている以上に楽しいと思いますよ。
そう思うのはキモオタだけかも知れませんが・・・。

実際にどういう場所に行ったの?

ちなみに、私は旅行が大好きな性格でありまして、半年で行った旅行先は次のようなものがありました。
東京・・・秋葉原巡り・・・様々な面白カフェに行ってきました。行ってみると意外と楽しいのが東京巡りです。
福岡県・・・博多の近辺を巡ってきました。夜のお店なども行ってみました。焼き鳥などの料理がおいしかった印象です。
山口県・・・山口県の友人に連れて行ってもらいました。
秋芳洞という日本で一番長い洞窟があるのですが、そこの景色はまさしく圧巻でした。
静岡県・・・浜松市の友人に連れて行ってもらいました。景色がいいですし、吊り橋を渡るなどの事も出来ます。ただし、吊り橋は高所恐怖症の方には向かないと思いました。
愛知県・・名古屋の大須や栄、などに行ってきました。
さらに、名駅近辺の飲み屋など飲みを中心に行きました。
近場などでよく行くところです。
長野県・・長野県の第二の都市である松本市は人口24万人ほどの小さな待ちですが、城下町として江戸時代に栄えました。
松本城は昔ながらのお城で、大阪城や名古屋城のようにエレベーターも付いていません。

ざっと行ったところだけでも、これだけあります。
これらの地域で楽しかった店や、面白スポットなどを紹介出来たらなと思います。
しかし、これは一般公開されているサイトなので、このサイトをきっかけに行ったスポットが混雑したら嫌だなとも一瞬思えてしまいました。
それでも、このサイトを愛読してくれる方がどれだけいるかも分かりませんが、分かりやすく丁寧に全力でお伝えできればと思っています。
皆さんも楽しく日本文化?をエンジョイしましょう!!

山口県の秋芳洞に行きました。

山口県にある観光スポットでもある秋芳洞を紹介したいと思います。
福岡で出張に行ったときに、山口県の友人が連れて行ってくれた場所です。
秋芳洞と言うのは、洞窟なのですが、今までに行った旅行スポットの中で3本指に入るくらいのスポットになっています。
洞窟と言うと、富士山の風穴や氷穴が有名ですよね。
しかし、洞窟の規模でいえば秋芳洞の方がはるかに大きいようです。
さらに、洞窟の長さも1キロほどあると思いました。
もちろん、洞窟の中ではタクシーを呼ぶことが出来ませんので、1キロ歩けることが秋芳洞に行く事の必須条件ですね。
あと、秋芳洞は一本道になっています。
洞窟がUの字になっていません。
そのため、往復を歩くとなると2キロほどの距離を歩くことになってしまうでしょう。
しかし、百枚皿や鍾乳洞、黄金柱などの魅力は満点です。
まるで、ハリウッド映画の世界にいるような光景を味わう事が出来ます。
洞窟の最後がどうなっているのかですが・・・やけに人工的な世界が待っていました・・。
これだけ自然が作った凄さを味わった後に出てくるのは、やけに人工的な世界です。
しかし、それもまた幻想的な雰囲気を味わう事が出来ますね。
ちなみに、秋芳洞は歩いて引き返す事も出来ますが、1000円を払えばタクシーで帰る事が出来ます。
尚、洞窟内ではタクシーは呼べませんので注意してください。
行った時期が卒業旅行のシーズンだったのですが、やけに女子率が高かった気がします。
女の子3人組とかで来ている方も多くいました。
ちなみに、秋芳洞で撮影した写真を友人に見せると、みんな「凄い!!」と言ってくれます。
今までに、凄いと言わなかった人はいないのではないでしょうか?
それくらいのスポットなので、是非とも秋芳洞に行ってみてください。ちなみに、私も2回目が行きたいと思っているくらいですw

静岡県の寸又峡に旅行に行きました

寸又峡に旅行に行ってきました。
正確に言うと旅行目的ではなく勉強会翌日のお楽しみのようなものです。
前日に仕事関係のセミナーを受けてその翌日に友人のご好意で寸又峡を案内してくれました。寸又峡と言うのは、本当に山の奥深くにあります。
どの場所を指して寸又峡と言うのかは分かりませんが、とにかく吊り橋が多くちょっとした冒険を味わう事が出来ます。
ただし高所恐怖症の様な方はやめておいた方がよいでしょう。吊り橋を渡らないと先に進めないような場所もあり、一人だけ取り残される事になってしまいます。
しかし、高い場所に強い方であれば、吊り橋の上を走って行けたりもするようです。ただし、私がここで危険な行為をしろとは言えないので、立場上ですが、吊り橋の上で走るのはやめて欲しいと言っておきます。
寸又峡の凄いところは、なんと言っても森林が見事なところでしょう。
あと、高い場所からの景色はかなりよいと思いました。
寸又峡に行った季節は4月だったのですが、かなりよかったです。
秋とかに言えば紅葉がかなり綺麗でまた違った良さがあるのでしょう。
あと、山なので仕方がないのですが、がけ崩れの可能性があるかと思います。
体を鍛えていて反射神経のよい人だったら、ちょっとした落石ならかわせるかも知れませんが、一般人にはそれだけの体力はないでしょう。
昔のスポ根マンガであれば落ちてきた岩を拳で砕くとかも可能かもしれませんが、現実的ではないでしょう。
さらに、歩くのでダイエットなどには良いかも知れませんね。
その後、麓の辺りにある温泉に行ったのですが、こちらもかなり良かったと思いました。
一日の疲れを癒すには温泉が一番ですね。
その後、浜松市に移動して居酒屋で飲みました。
この居酒屋は最高だったのですが、名前は伏せておきますね。
ヒントと言えばスターバックスの近くの居酒屋です。
ちなみに、この居酒屋は楽しくてみんなで二日間連続で行ってしまいました。
世の中楽しく行きましょう!

そのほかの行った場所などについては、横の目次のところから行けるようにしますね。

目次